気のまま旅行/気まぐれ写真

ミラーレス一眼で撮影した写真や旅行、ロケ地のことを。
鷹ファンなのでその辺りや趣味のカクテルの話、映画や音楽のこと
その他色んなジャンルのことを色々と。。。

カテゴリ:カメラ

もうね、すっかり忘れてた。
知人に「あなたのブログ止まってるけどどうなってるの?」って言われるまで存在自体すっかり忘れてた。 


仕事したり楽曲制作したりSNSや画像共有サービスやフォトパスなんかに記事書いたり写真アップしたり、
ホークスの試合観に行ったり写真作品づくりしたり地元の少年野球チームから試合撮影の依頼されたり…
と、とにかく色々と忙しくて更新できないうちにすっかり忘れてた。

ポートレートも最近少しずつ撮る機会が増えてきている。
(その作品はFlickrにアップしているのでそちらを見て頂ければ。恋人を撮ったもの以外はすべてアップ
している。)

ポートレートに関してはフォトテクニック デジタル | 玄光社とフォト蔵のコラボフォトコンで選んで頂けて
2014年8月号とフォトジェニ ANNEX|Photogeni ANNEXに掲載された。感激!
選んでくださったのが僕が作品に惚れてお手本にしている河野英喜さんだから更に感激!!



さて、今からさかのぼってこれまでに撮った写真を振り返りながら記事を更新していく気力も時間も
もうないので最近撮ったものとか出来事とか書いていこうかなって。


ちなみにこの前の記事は昨年の6月30日のボートレース撮影で終わってるけど、そちらは継続して
撮影をしていてだいぶ数も増えたしバリエーションも増えた。その分はもうアップしないけど。

…と言いつつ一枚だけ。

_2100232



更新してない間にだいぶ機材の入れ替えがあった。どっちかというとかなり増えたんだけど。。。

まず75-300mmは売ってしまった。
じゃあボートレース撮影どうすんのかっていうとこれ。

OLYMPUS│M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

これにテレコン付けて撮ってるってのがメイン。
上の写真もそれで撮ったものだ。感度高めなのでちょっと荒れてるけど。

それとOMの200mmF4を買ったのでそれにテレコンつけてアダプターを介してE-M1で撮ってる。
換算800mmだ。このテレコンを挟んでることもあってこのレンズで撮ったものはあまりよくない。

_2110489
かなり絞り込んでるのでもう少し絞りを開ければまた違ってくるかも知れないが、そうすると深度が
浅くなってしまう。MFのため置きピンで撮っているので難しいが今度試してみる。



機材の入れ替えが相当激しいので自分の整理の意味も含めて、今持ってるものをすべて書き出し
てみようと思う。結構な数になるけど個々の価格は大体数千円だからそんな大した出費はない。

■OM-D E-M1
・25mm F1.8
・45mm F1.8
・60mm F2.8 Macro
・75mm F1.8
・75mm F1.8
・12-40mm F2.8 
・40-150mm F2.8
(すべてM.ZUIKO DIGITAL)
・ボディキャップレンズ15mm F8
・ボディキャップレンズ9mm F8 Fisheye

■OM-1
■OM-4
・24mm F2.8
・28mm F3.5
・35mm F2.8
・50mm F1.4
・50mm F1.8
・50mm F3.5 Macro
・135mm F2.8
・200mm F4
・75-150mm F4
 (すべてOM-SYSTEM ZUIKO)

■PEN FT
・20mm F3.5
・40mm F1.4
・50-90mm F3.5
 (すべてPEN F用 ZUIKO)

■OLYMPUS 35SP
(レンジファインダーのレンズ固定式カメラ)

とまあこんな感じ。
この他にもOM用のアクセサリーもたくさん買ったのだけどそれまで書いていたら大変なことになるの
割愛。EXリングやリバースアダプター、フラッシュやバウンスグリップ、ワインダーとかまあそんなの。


OLYMPUS 35SPはレンジファインダー機を使ってみたかったので購入した。

オリンパスにはOLYMPUS ACEというレンズ交換式のレンジファインダー機もあるようなのだが、
交換レンズがもう市場にほぼ出回っておらず、レンズ自体もあまり明るいレンズがなく絞りによる
表現の幅が限られてしまうので42mmF1.7と明るいレンズを積んだこの35SPを選んだ。

_1200006

_1200034-1


二重像によるピント合わせは実に軽快で、ボケの確認はできないものの速写性がいい。
42mmという焦点距離も相まってスナップにはかなり使えそうだ。カメラが大きいのが難点だが。


他にマウントアダプターも持っていてE-M1とPEN FTでもOMレンズが使えるようになっている。
蛇足だけどフォーマットの違いによって35mmフルサイズ換算でE-M1では2倍、PEN FTでは
1.4倍の焦点距離となる。
(E-M1はマイクロフォーサーズ、PEN FTはハーフサイズカメラ)


この中で大きな買い物(価格ではなく意味として)が2つ。

一つ目はM.ZDの40-150PROだ。
描写は文句ないがいかんせん重くてデカいのであまり日常使いにはできないが、前述のとおり
ボートレース撮影、少年野球含むスポーツ撮影とポートレート撮影では重宝する。

IMG_3081
左がE-M1と40-150PRO、右はワインダー2を付けたOM-4と200mmF4+Kenkoの2倍テレコンMC7。


二つ目はPEN FT。
これは今現在すべてのカメラの中で僕が一番気に入っているカメラだ。
ファインダーは暗いし露出合わせの仕組みも面倒くさい。じゃあ何がいいのってそりゃもうデザイン。

_C020004


こんなかっこいいカメラない。ハーフサイズなので倍撮れてお財布にも優しいのだ。
(36枚撮りフィルムで72枚撮影できる)

このカメラはオークションで落札してそのまますぐオーバーホールに出した。
なのでシャッターも全速出ているし露出計はもともと生きていたし、ハーフミラー交換により
ファインダー内も大変美しい。

このあとPEN F用のレンズも買い足したが埃混入や軽いカビ・クモリがあるので、そのうち
オーバーホールに出す予定だ。


そのお気に入りのPEN FT撮っているものは主に人、つまりポートレートだ。
このカメラはハーフサイズで、35mmフィルムを縦半分にしたフォーマットとなるのでつまりカメラを
通常通り横位置で構えるとファインダー内(つまり撮れる写真)は縦長となる。
当たり前だがカメラを縦位置に構えると、お馴染みの横長の写真が撮れる。

ポートレート作品ではないがPEN FTで撮った写真を何点かアップ。
_C040001-1

00020004

00020042

00020045

00020071


PEN FTに詰めるフィルムはほとんどポジフィルムだ。OMカメラにも時々ポジフィルムを詰めるが
それらのカメラで撮ったポジフィルムのためにライトボックスも買った。これだ。

フジフイルムモール│LEDビュワープロ 4×5

ルーペも買ったので鑑賞してニヤニヤできる。
更にインターネットにアップしたりPCにバックアップとして保存したりするために、E-M1でフィルムを
撮影してデジタルデータ化している。

IMG_3075
(この画像ではテストでモノクロフィルムを取り込んでいる)

この際に役に立っているのがOLYMPUS Captureというソフトだ。
カメラとPCを繋いでPC側でカメラをコントロールしながら撮影できる。

IMG_3076



ちなみにネガフィルムは撮影後にそのままカメラのキタムラに持ち込んで現像とデータCD化して
もらっている。ネガの場合は価格が安いので自分でデジタルデータ化するまでもない。


これまで書いた通り昨年はとにかく色々と買いすぎた。それでも欲しいものはまだまだたくさんある
わけで、今年発売予定のPROレンズも複数ある。

が、今年は買う年ではなく撮る年にしようと自分の中で決めている。
機材がいくら増えてもいい写真が撮れるわけじゃないしね。

所有しているカメラ、レンズを全体的に見て広角から望遠までひと通り揃っているので、現時点でも
撮れないものはほとんどない。欲を言えばキリがなく、そのとおりに買い物をいていたら撮影に出る
時間と費用までなくなってしまうと気づいた。

前述の少年野球の撮影以外にも唐津焼作品の撮影依頼も頂いている。

_2210027-1



色々と訳あって一部の主力な作品はここへアップすることはできなくなったが、出来る限り忘れ去って
しまわないように更新して行こうと思う。


二眼レフカメラを作っているうちにフィルムカメラの仕組みに惹かれていった。

関連記事:二眼レフフィルムカメラ作った


というかもう衝動だった。衝動買い。オークションで即刻ポチった。
二眼レフカメラ用にせっかくフィルムも買ったことだしね。


フィルム一眼を選ぶにあたってはニコンのF2とかキヤノンとか色々迷ったのだけど、結局今使って
いるデジタルカメラと同じオリンパスのカメラになってしまった。


IMG_1593

OM-2だ。

露出計も持たず経験もない僕としてはさすがにいきなり完全マニュアルは厳しいと判断し、
TTLダイレクト測光ができるこのカメラにした。


手に取るとヒヤリとする真鍮の感触と使い込まれて塗装が剥げた時のこの味のある感じ。

IMG_1594

たまらない。メカメカしてるところもたまらない。ただホールド性が悪いので落としそうで怖い。


オークションで50mmF1.8レンズとのセットで購入。
フィルムカメラはこの標準1本で遊べればいいや、と思ってたのに気づくと、、、


IMG_1598

ポチってました。75-150mmF4。安かったので。。。
と、こうなると結局広角レンズもほしくなり、、、

IMG_1615

28mmF3.5。これぞヌマリスト。レンズ沼こわ…

もうこれ以上は増やさないぞと決意したのだが、この記事を書いている最中に気づくとネットで
中古レンズ探してた。もうほとんど病気だ。


IMG_1599

約一年前にE-PM1を買った時に導入した防湿庫。

「どうせそんなに色々買わないからこのくらいのサイズでいいや~」とか言ってたのが懐かしい。
もうじき満員。。。ま、まだ詰めれば入るし!!


さて、大晦日にいい感じの天気になったのでフィルムをセットして早速試し撮りに出かけた。
比較のためにE-M1とともにバッグに詰めて松浦河畔公園へ。

IMG_1621

重い…


ここからはOM-2(上)とE-M1(下)の同じ画角、絞りでの比較。
ちなみにどちらも絞り優先AEで撮影。カメラの露出計はほとんどのシーンで同じシャッター
速度を導き出したが、時々OM-2の方が明るめになることがあった。

フィルムは二眼レフカメラのためにASA400を買ったため、それを使用。
それに合わせてE-M1はISO400とした。


FH000001
PC310001

まず28mmF3.5。E-M1は12-40mmF2.8PROをつけていて、焦点距離は14mm
つまり換算で28mmとした。

てかOM-2の方、なんでこんなことに…フィルムの装填や送りなどまだ不慣れなため何か
ミスを犯したようだ。

これじゃ比較にならないので次(笑)


FH000007
PC310002

すべて手持ちでの撮影なので微妙なフレーミングのズレがある。

やはりOM-2のほうが少し明るめに写っている。

E-M1のホワイトバランスを、フィルムのデイライトに合わせて太陽光にするのを忘れてオート
にしてしまっていた。色味の違いがそれによるものなのかどうか、比較ができない。。。
これはまたいずれ比較撮影したいと思う。


画質は当然E-M1のほうがいいわけだけれど、約40年前に作られたOM-2(1975年)でも
こうやってきっちり写るということに感動する。


僕より年上なんだなあこのカメラ。
発売されてから僕の手に渡るまでにどういう人たちがこのカメラを使ってきたのか。
その人たちはどういうものを撮ってきたのか。そういうことを考えるとロマンがある。


FH000008
PC310003

OM-2、ピント合わせ失敗。というよりこの写真、しゃがんで撮影したのでピントを合わせた
後に僕自身が前後にフラついたためにピントがズレたようだ。

でもOM-2のこの色味、好き。ザラつきはフィルム感度の小さいものを使えばいくらかよく
なると思うけど、そうなると今度はシャッター速度が稼げずに手ブレを起こしそうだ。
当然手ぶれ補正なんてものついてないので。


FH000009
PC310004

OM-2のを見たあとにE-M1のを見るとすごいくっきりしてて余計にきれいに見える(笑)
このシーンでもOM-2が明るめ。


FH000011
PC310005

28mmここまで。


次は50mm。
OM-2は50mmF1.8、E-M1はパナライカ25mmF1.4。

FH000012
PC310006

被写界深度の違いは絞り量を同じにするのを間違えたため。
暗い場所だったけどフィルムのほうも思ったよりよく写っている。


FH000013
PC310007


FH000014
PC310008


FH000015
PC310009


50mmここまで。

次は150mm。
レンズはOM-2が75-150mmF4で、E-M1が75mmF1.8。


FH000021
PC310014

手ぶれ補正がないと望遠側はさすがに手ブレしてしまう。三脚必須かなあ。


FH000022
PC310015

これなんかブレブレだ。E-M1はとても効きのいい手ぶれ補正があるので余裕。


比較してわかったのはOM-2は明るめに露出を出すということ。
露出補正を-0.3~-0.7ぐらいにしてちょうどいい明るさになるかも知れない。


FH000023

これなんかシャッター速度が稼げずに手ブレしてるけど、露出を抑えればもっと早い速度で
シャッターを切れるので今度はそのことを意識して撮ったほうがよさそうだ。


FH000024

これは確かシャッター速度を1/60にして意識してがっちりホールドして撮った写真。
気合でなんとか止めれないこともなさそうだけど成功率はきっと低い。


FH000025
糸くずが写っとる(笑)

あとボケ量。僕はマイクロフォーサーズしか使ったことないので、35mmの絞り・カメラ・被写体
・背景の位置関係とボケ量の関係がいまいち掴めていない。

この写真は開放で撮ったが、もっと絞ったほうが僕の撮る時のイメージに近いだろう。


他にも撮る度にフィルムを巻き上げなきゃいけないことやピント合わせ、露出、その他操作など
にも慣れてスムーズにこなせるためにはもっと使い込んでいかなければ。


正直言ってデジタルと比べてとても面倒くさい(当たり前だけど)。フィルム代や現像代もかかる。
でもその不便さが「写真を撮っている」という実感がしてたまらない。


ちなみに今回、フィルムで撮った写真はプリントせず、カメラのキタムラに現像とデータCDだけ
お願いした。これならプリント代がかからず、気に入ったのがあれば自宅でプリントできる。


最後に冒頭で書いた二眼レフカメラで撮った写真も掲載する。

24枚撮りフィルムで撮影したのだけど撮り終わったあとフィルムを巻き戻す前に、誤って背面
カバーを開けてしまった。

あっと思ってすぐ閉じたがほとんど全滅していた。せっかく試し撮りしたのに(笑)


今回はギリギリ無事だったものを掲載します(無事じゃないのもあるけど)。


FH000003

上の方は焼けちゃってます。
思ったよりピントちゃんと合ってた。周辺部にいくに従って流れていく像。


FH000004

上下焼けてる。完全に無事だったコマがなかったのが残念だ。
でもこの発色とコントラスト、OM-2で撮ったものより好きかも知れない。。。


FH000005


FH000008

この写真は無事であってほしかったなあ。せめて花のところまでは。。。
これは僕がサラリーマン時代に一緒の職場で働いていた知人とカメラを持ってブラブラした
時に撮った写真だ。


ついでなのでその時にE-M1で撮った写真も載せとこ。

PC280075
ロケ地:加部島     カメラ:OM-D E-M1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
絞り値:F2.8     シャッター速度:1/500     ISO感度:200     露出補正:+0.3     焦点距離:31mm



PC280073
ロケ地:加部島     カメラ:OM-D E-M1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/1250     ISO感度:200     露出補正:+0.3     焦点距離:40mm


PC280071
ロケ地:加部島     カメラ:OM-D E-M1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/125     ISO感度:200     露出補正:-0.3     焦点距離:40mm


この後日、その知人に同行して野鳥を見に行った。
次の記事ではその時に撮った写真でも載せようと思う。


それから駅シリーズをようやく完成させることができたのでいずれそちらも。



そういえば競艇の写真を久しく撮ってないなあ。近いうちにそちらのほうもいきたいなあ。



明けましておめでとうございます。

このブログ書き始めてそろそろ一年だっけ。
今年もどうぞよろしくお願いします。


TSUTAYAで写真雑誌を買う度に隣に置かれている「大人の科学」が気になっていた。

大人の科学マガジン│Vol.25 35mm二眼レフカメラ 

付録に二眼レフカメラがついているのだ。


見るからにちゃっちくて子供騙しのおもちゃみたいで、本当にこれ撮れんのか?
なんて思っていたし、ある程度きれいに撮れたとしてもフィルムだし現像代やフィルム代がなあ。。。
と思っていたのだが、見かける度に心惹かれてしまうので試しにネットで検索してみた。

するとなかなかの評判で実際に撮った写真なんか見ても味があっておもしろそうなのだ。
マガジンにもこのカメラで撮った作例が載っていたが、それを見てもいい感じ。

思えばVol.25は2009年10月発売。それが未だにラックの目立つ所に置いてあるということは
やはり人気商品だということなのだ(多分)。


Amazonのレビューでも高評価だ。




ということで昨年末、ついに思い切って購入した。


レビューを見てみると「大体1時間くらいもあれば作れます」といったコメントが目立つ。
へえ、そんな簡単にできるんなら僕にでもきちんと作れるかな。なんて思ったのが間違い。

キング・オブ・不器用の実力(?)ハンパなかった。

写真を撮りながらの組み立てだったとはいえ、なんと3時間かかった。
だってパーツいちいちちっせえし特にバネなんか取ろうとしたらどっか飛んでいくし。。。
なんて言い訳にしかならないか。自身の不器用さを改めて痛感。


と、上述の通り作りながら写真を撮ったのでそれを交えながら組み立て手順を。

IMG_1534

まずこんな感じでパーツが収まっている。

マガジンのほうに組み立て手順が載っているので、一字一句きちんと読んでその通りに作る。


IMG_1535

まずは左側板。このカレーパンマンのシルエットみたいなやつをネジ2本で留めるだけ。
なのだが、、、ネジが小さくて苦戦。手順1で既に苦戦。


IMG_1538

出っ張っているのはフィルムを巻き戻すための機構。これもネジ留め。


IMG_1539

表側はこうなってる。


IMG_1540

次に右側板。わー出たーもうバネ登場だよ。
でもこれはまだ大きい方。「注意」の「意」の文字の上に後ほど使う極小バネが。

右側板に使うのは袋から出している部品のみ。


IMG_1543

出っ張りがフィルム巻きノブ。その左がフィルムカウンター。
カウンターとはいっても今何コマ目なのかの数字が出るわけではなく、フィルムを巻く際にコマ
送りの分量を確認するための機構だ。

この写真ではわかりにくいけど、ドーナツ型のパーツには一箇所溝が入れてある。
まず最初にその溝を、外側の円に2箇所入れてある溝のどちらかに合わせておく。
フィルム巻きを回す時にその溝を目印に半周(つまり最初に合わせたのと逆の溝にドーナツに
入れてある溝を合わせる)させると1コマ分送られたことになる。
という仕組みになっている。説明が下手ですすみません。


IMG_1544

内側はこんな感じ。


IMG_1545

次にシャッター。早速来ました極小バネ。これを袋から取り出す際につまんだ瞬間ピョンと指先
から逃げ出し、探すのに手間取った。

このバネをパーツの出っ張っているところに引っ掛けつつ、そのパーツを前板にネジで留める。
難しい。。。


IMG_1546

うまくいくとこうなる。


IMG_1547

ちょっとドライバーの柄でシャッターを動かしてみた。
ちゃんとバネが伸びてドライバーを退かすとシャッターが元に戻る。


IMG_1548

元のパーツを撮るのを忘れた。取り付け後の写真。


IMG_1550

ちゃんと噛み合っている。


IMG_1551

シャッター機構まだ続きます。次に使うのはこのパーツ。
これを、、、

IMG_1552

こう!

わかりにくいですねすみません。組み立てた僕ももう何がどうなっているのかわかりません。
でもちゃんと連動してます!!

前板の向こう側(写真の右端辺り)にシャッターレバーが写っていますが、それを動かくとそれ
ぞれが連動してシャッターが開いて戻る、という仕組みになっています。


IMG_1553

表側はこうなっている。


短いけど動画(Vine)を貼っておきます。こちらを見ればシャッターの仕組みがわかりやすい
かと思います。

シャッター機構動画(Vine)


IMG_1555

次に前板に暗室を取り付けます。これはネジで留めるだけ。
シャッター機構の難関を乗り越えた今、ネジ留めなんてちょちょいのちょいです。


IMG_1556

はい。


IMG_1557

次は背面板と底板。フックみたいになっているのは背面板を開閉するためのロック。


IMG_1558

はい。


IMG_1559

背面板+底板はいったん置いといて、前板に側板を取り付け。
ネジ留めです。まずは右側板から。


IMG_1560

こんな感じ。


IMG_1561

左側板も取り付け。


IMG_1562

前から見た感じ。なんかそれっぽくなってきたけどまだまだ先は長い。


IMG_1563

ミラーの取り付け。最初の状態ではミラーには剥離紙が貼ってある。
まず両面テープでミラーを板に貼り付ける。

簡単な作業になるはずだったのだが、両面テープ、ミラーともに剥離紙を剥がすのに大苦戦。
ミラー触っちゃいけないし。。。


IMG_1564

板に貼り付けて、


IMG_1565

本体にはめ込んでミラーの剥離紙を剥がす。


IMG_1568

フィルムを巻き取る棒を取り付け。これは左右の側板を押し広げながらパーツの溝に合わせて
はめ込むだけ。


IMG_1571

背面板+底板を取り付け。これも確か左右の側板を押し広げならがはめ込むだけ。


IMG_1572

次にスクリーン。最初見た時「なんじゃこりゃ」と思ったけれど、ミラーに反射した被写体がこの
すりガラスのようなスクリーンに映し出され、僕らはそれを見ながら構図を決めたりピントを合わ
せたりするわけなのです。つまりファインダー。


IMG_1573

ネジ留め。


IMG_1574

前から見るとこんな感じ。


IMG_1575

ファインダーの蓋となる4枚の板を取り付け。まずは前後。


IMG_1576

パチンと押しこむ。


IMG_1577

そして左右。


IMG_1578

はい。


IMG_1579

さああとはレンズだけ。ファインダーレンズも撮影レンズもプラスチックです。
どちらも直接手で触れると指紋がつくので手袋があるといい。


IMG_1580

レンズを穴に垂直に落としこんでリングを押し込み固定。こちらはファインダーレンズ。


IMG_1581

次に撮影レンズ。ドーナツ型のパーツは絞り板で、これは入れても入れなくてもいいようだ。
入れないで撮影すると周辺がボケる。お好みらしい。僕は入れた。


IMG_1583

取り付け方はファインダーレンズと同じ。


あとはファインダーレンズと撮影レンズの歯車を合わせながら前板にねじ込んでいく。

IMG_1584

完成。

歯車は前後位置もぴったり、きちんと噛み合っている。
もしファインダーでピントをきっちり合わせて撮影しても実際の写真がピントずれしていた場合は、
ファインダーレンズと撮影レンズの前後位置を微調整する必要があるらしい。

フィルム1本分、試し撮りしたがまだ現像していないので、仕上がりが楽しみだ。
写真ができたらもちろんブログに掲載する。


IMG_1586

ファインダーは上から覗きこむ。この写真じゃわかりにくいけど。
PCの画面映してます。


IMG_1588

使うときはファインダーの蓋をこういう風に開けて使う。


IMG_1589

アップ。


IMG_1592

明るい所で撮った写真。


これで撮った写真の現像が楽しみだ。


このページのトップヘ