気のまま旅行/気まぐれ写真

ミラーレス一眼で撮影した写真や旅行、ロケ地のことを。
鷹ファンなのでその辺りや趣味のカクテルの話、映画や音楽のこと
その他色んなジャンルのことを色々と。。。

カテゴリ:アートフィルター

3月23日に撮影に行った武雄市は円応寺の桜、ようやくブログに投稿できる。

前回の記事:パソコンが物故割れた
に書いたとおり、PCが故障して新PC移行に伴いブログ更新もRAWで撮った写真の現像も
レタッチも何もできなかった。

今回は枚数が多いので早速貼っていく。
なかなか素敵な写真を多く撮れたんじゃないかと思えるロケとなった。


P3233223
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/250     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:82mm


形が美しい蕾と花があったので中央に配置して撮影した。
マクロコンバーターレンズを装着して花にうんと近づいたため被写界深度は浅くなっている。

アートフィルターのクロスプロセスをかけて現像した。




P3233226
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F6.3     シャッター速度:1/250     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

こちらもマクロ撮影だ。アートフィルターのファンタジックフォーカスで現像。

この日辺りから気候が春の暖かさになりすっかり陽気だ。
それに誘われるように青虫が。無事、きれいな蝶々になれるだろうか。
(蝶の幼虫じゃなかったりして。。。)


P3233242
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F11     シャッター速度:1/80     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

同じくマクロ。
こっちの写真は虫を入れたくなかったのだがなかなか行ってくれないので愛嬌ということで。。。

コントラストを高めて背景をより暗くし、アートフィルターのポップアートをかけて色味を出した。

更にソフトフォーカスに仕上げてふんわりとした花びらに写した。



P3233278
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F2.2     シャッター速度:1/2500     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm


美しく咲く花もあれば朽ちる花もある。

日のあたりが悪かったのだろうか、花びらが開く前に朽ちてしまったようだ。

アートフィルターのトイフォトをかけた。
トイカメラで撮影したような隅の光量が落ちるフィルターだが、こういう使い方をするとどこか
寂しげな雰囲気が演出できる。


P3233267
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F3.5     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

一方こちらは華やかで明るいイメージに仕上げた桜だ。

ほぼ太陽が位置する上空にカメラを向け、背景をほとんど白飛びさせて撮影。
主役となる花びらが透けて、たくさんの光に目一杯包まれた写真にした。


P3233319
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

円応寺は細い坂道を登ったところにあるお寺だ。その坂道がこの通り桜並木道になっている。

僕の写真の腕に関係なくなんとも見事な風景だ。

全体的にちょっとマゼンダが強かったかも知れない。


P3233243
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F11     シャッター速度:1/100     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

さっきの写真の反対側を撮ったもの。
近所の子どもたちがたくさんいたのだがどういうわけかほとんどが女の子だった。
というか男の子はたった1人しかおらず女の子たちの輪に入れてもらえず寂しそうだった。

その女の子たちだが、カメラマンが多く訪れるからだろう、どの娘も撮られ慣れしているようで
カメラを向けると笑顔を見せてくれるばかりでなく、お願いするとポーズしてくれたり、一輪車に
乗ってくれたりとサービス精神旺盛だった。

その子どもたちの中の1人のお母さんであろう方が売店を営まれていたが正直売店をやるより
も子どもたちでモデル料を徴収したほうが儲かりそうだ。

本ブログには顔の写った写真は載せないこととする。


P3233300
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

女の子と桜、映える画になるなあと。

とくに桜は卒業、そして旅立ちといった新しい門出のイメージがある。
やっと歩きはじめたこの子とイメージがぴったりで僕自身とても気に入った写真となった。

アートフィルターはもちろんファンタジックフォーカス。


P3233344
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

まだ10歳前後の子どもたちだって、きちんとお姉ちゃんしてます。
こういう姿って子どもの中にある大人な部分が垣間見れてとても優しい気持ちになれる。


P3233331
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

他のカメラマンにお願いされて木登りをする女の子。
このあとポーズを取ってくれたのだけどとても残念なことに顔が写っているので掲載できない。

桜と女の子、映えるなあ。


P3233402
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

こちらはちょっと変わり種。

僕の車のフロントガラスに写った桜だ。
下にいくほど激しく歪んで面白い。ホワイトバランスを白色電球にして青味を強く出した。


P3253522
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F10     シャッター速度:1/160     ISO感度:640     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

さて、場所を移して唐津城。

唐津城と道を挟んで反対側にある駐車場から撮影したものだ。桜もその駐車場のもの。

唐津城ではもうだいぶ前から石垣の工事をしており、この天守閣の下の方も実は工事中。
そこをうまく桜で隠して撮影した。

この工事だが、確か石垣の修復工事をしようと掘っていたところ、昔むかしの石垣が下から
出てきてその調査、復元が行われることになったという経緯だ。記憶が曖昧なので定かではない。

工事は平成20年から31年まで行われる。
相当に多額な資金がかかるため支援金を唐津市で募集しているとのことだ。


P3253565
ロケ地:円応寺     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F10     シャッター速度:1/200     ISO感度:400     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

こちらもできる限り工事現場を隠したつもりだがよく見ると少し足場の骨組みなどが写っている。
この辺りはきっちり確認しながら撮影しなかった明らかなミスだ。

そこを見逃せば桜の配置など個人的には好きな写真になった。


この唐津城と桜の写真2枚は、絞りをどうしようか悩んだ。
つまり手前に写す桜をボカすかどうかだ。

悩んだあげく絞ってパンフォーカス気味に撮ったのと、開いて桜を前ボケにしたのと両方で
比べてみたが、絞って桜のディテールを残して撮ったほうが美しく感じたのでそちらを選んだ。


今年の桜の写真は以上だ。

このあとPCが故障してその対応に追われたのと、カメラで撮影したものがまだ取り込めずに
そのままになっていることで、新しい写真はない。

桜ももう散り、今度はシャクナゲやツツジ、ボタンやバラが美しく咲く。
写真を撮り、現像したら投稿する。

それとは別に、実は唐津市は鎮西町の名護屋に八重桜がある。
こちらは時期が少し遅いので4月の半ばが見頃となっている。

この八重桜、豊臣秀吉と伊達政宗にまつわるエピソードがある。
朝鮮出兵の時にその拠点のなったのがここ、名護屋城なのだ。

なのでこの辺りには徳川家康の陣跡や伊達政宗の陣跡、とにかく全国の有名武将が一斉に
この地に集まり、陣を立てた跡がある。

歴史好きな人はぜひ訪れてみてください。

八重桜はお城近くの法光寺にあり夜間ライトアップされている、ということをニュースで見たので
早速行ってみたのだが、どういうわけか僕が行った時はライトアップされなかった。とても残念。

今年は例年より暖かくて時期が早まったのでもう散り始めている。
来年にまたチャレンジしたい。来年もライトアップされればいいのだが。。。

その秀吉お手植えの八重桜についてはこちらにエピソードを含め掲載されているのでどうぞ。

太閤お手植え桜

 

我が家の庭には水仙3種とチューリップやバラ、梅、桃などの花や家庭菜園がある。
それに以前紹介した蘇鉄と万両も。

蘇鉄の鉄子ちゃんと万両の両子ちゃん

先日、その中から白以外の水仙2種と白菜の花が咲いたので撮影した。

今の時期は虫を寄せやすい黄色い花が多く、今回撮った花も全部黄色いビタミン色だった。
見ているだけで元気が出てきそうだ。

もうすぐすれば桃が咲き、ついでチューリップ、バラと咲いていくので楽しみだ。
我が家の庭に桜がないのが残念だが。。。

今回は長い前書きはなしにして早速写真を貼っていく。


P3162778
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm


淡黄色の水仙。先日撮った白い水仙を純潔なお嬢様だとするとこちらは元気いっぱいの
ロリっ子といったところだろうか。。。

先日撮った水仙はこの記事にあります。

サザンカオールスターズ


P3162787
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

白菜の花。あまり普段から注視している人は少ないのではなかろうか。
白菜ってこんなかわいい花が咲くんですよ。

最近買ったこの45mmF1.8、本当にいいボケ方をする。

開放値で撮ると描写がふんわりとなって花をこういう雰囲気で写したい時に重宝する。


P3162790
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/4000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

少し引いて見るとこういう風になってる。


P3162800
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/1000     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm


水仙をマクロ撮影。アートフィルターのファンタジックフォーカスをかけた。


P3162803
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F11     シャッター速度:1/320     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

こちらも水仙。上の水仙とはまた別の品種。
この写真ではこの花の色よりも形を表現したかったのでラフモノクロームにて現像した。
花の色は上の水仙より少し濃い黄色です。

P3162812
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F7.1     シャッター速度:1/640     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

再び白菜の花。またマクロ撮影だがこの写真ではくっきりと移してホワイトバランスを寒色系に
してみた。背景がすっきりとして白菜の花が凛とした表情となった。

P3162818
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F7.1     シャッター速度:1/1250     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

こちらは前ボケ、背景ボケを配した写真。構図もバランスもうまくいったと思う。


P3162814
ロケ地:自宅     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F7.1     シャッター速度:1/500     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

おまけでタンポポ。

真上から撮影して太陽のように写した。

この日は日差しが強い暑い天気だったがこの花の場所がちょうど日陰になっていて、この写真
では奥のほうにあたる花の下にある葉がやや暗く写った。

そこで花を浮き立たせるためにコントラストを強め、更に彩度をあげた。


僕は撮影時に「あ、こういう表現で写そう。」 「この写真はなになにな雰囲気を表現したいな。」
と考えて絞りやシャッター速度を設定して撮る場合と、そういうことは考えずにとにかく適正な露
出や構図で撮っていく場合がある。

前者の場合は帰ってレタッチする時にも撮影時の構想を活かして編集する。

後者の場合、RAWファイルを見ながら作品が与える印象や感情を作っていく。

もっとわかりやすく書こう。

例えば、上のタンポポの写真。こちらが前者だが、
この写真はタンポポの花の形を見た時に「あ、真上から見ると太陽とその日差しみたいだな。」
と思ったのでカメラを真上から構えて撮影、レタッチでは上に書いているように意識してコントラ
ストや彩度を編集した。

他の7枚の写真は後者だ。
この花は日差しに当てて絞り開放で撮るとふんわり写ってきれいだなとかそれぐらいは考えな
がら撮った写真もあるが、作品が仕上がった時の最終的な着陸地点はその時は考えていない。

つまり適正露出、見栄えする構図、ボケの具合やバランスなどだけはきちんと考えて撮っているが
アートフィルターだったり露出補正や彩度などはレタッチ、現像する時に「あ、この写真ならこうこう
したらもっとよくなるかな。」などと考えて作品を仕上げていく。

とまあ、能書きを垂れたが結局僕もまだまだ写真を始めたばかりの初心者なので、これからどん
どん上達して多くの人に美しい、かっこいい、素敵だと思ってもらえる写真が撮れるようになれれ
ばと思う。


まだまだ初心者と書いたが、先日とても嬉しいニュースが入った。

少し前にオリンパスのコミュニティサイトFotoPus内で開催された「冬写真フォトコンテスト」に応募
していたのだが、僕の写真が九州・沖縄コミュ賞という賞を受賞した。

カメラを構え始めてまだ日が浅い僕が賞を取れたことにとても驚いたが、ここは素直に喜びたい。


テーマが「冬写真」ということだったが、九州、特に僕が住んでいる北部は積雪どころか降雪すら
あまり多くない地域なので冬写真の主題として雪を選ぶのが困難だ。

だが冬は何も雪だけが魅力じゃない。湿度が低く澄んだ空気。晴れ渡った空。
選ばれた僕の作品も夕暮れ時の空の写真だった。

どの作品かは明かせないが、受賞した作品を載せている記事を貼って、今日は終わりとする。

佐賀県立森林公園


これに慢心することなくこれからも精進していきたい。


ディナークルージング。

あんなの何万円もするセレブな催し物でしょ?貴族?

って勝手に思ってた。


オリンパスのFotoPusで開催されている「春のクルーズ」フォトコンテストに応募しようと
近くから出ているクルーズがないか検索してみた。 

すると福岡のベイサイドプレイス博多でマリエラという会社がランチクルージングや
ディナークルージングを催していることがわかった。

停泊や出港の時間を調べている時にちょっとした興味本位で料金のページを覗いてみたら。。。

マリエラHP

え、やっす!
コースによって様々だけどディナーの一番下のコースで5,500円!?

ランチに至っては3,500円!!

こんなに庶民的な価格だとは思ってもみなかった。


ということですぐさま予約。

フォトコンにはクルーズの外観を応募するつもりだったが結果的に船上で撮った写真も
応募できることになった。

日程は3/9(土)、行ってきました。


※撮った写真のうち、フォトコンに応募した作品をブログに貼ることを躊躇したので一番下に
フォトコン応募作品のURLを貼っておきます。

P3092591
ロケ地:ベイサイドプレイス博多     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F4.5     シャッター速度:1/125     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:26mm


まずはクルーズの外観をパシャリ。
価格が価格だけにさすがに大きくはない。

風景としてというよりクルーズの形を写した写真なので余計なものを排除するため、セピアで
現像した。



P3092596
ロケ地:ベイサイドプレイス博多     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
絞り値:F3.8     シャッター速度:1/80     ISO感度:200     露出補正:+1     焦点距離:17mm


斜めから全体図。

この写真は奥行きがあり全体細部のディテールを写したかったのでカラーだが、ホワイトバラ
ンスは寒色系より暖色系のほうがよかったと思う。


さて、時間がきていよいよクルーズに乗り込んだのだが、これが思ったより内装が豪華だった。

ここからはiPhoneで撮影した写真なので撮影情報は記載しない。
当然だが画質もよくない。

IMG_2368


IMG_3584


IMG_5057

階段の手すりも壁も床も清掃が行き届いているようで清潔感ある内装だった。
ささやかではあるけれど値段から考えれば十分豪華で上品な造りだ。

船内客席に案内されると早速料理だ。

IMG_2250
テーブルはこんな感じ。

IMG_5737
まずは前菜。モッツアレラチーズ、トマト、パストラミのバジルが香るとてもおいしいサラダ。


IMG_3551
ブロッコリーのスープ。スープにブロッコリーて。。。と思ったけどなんとこれが美味だった。
テーブルに供されているパンにつけて食べても合うしっかりした味。


IMG_5782
牛肉のワイン煮。この手のコース料理の定番だ。とてもやわらかく風味もしっかりしていた。
お肉も当然おいしかったがにんじんの甘さにびっくりした。うまうま。


IMG_1844
デザートは抹茶といちごのケーキ。ソースはキウイ。思った以上に甘くてコーヒーと好相性。

料理の方も内装と同じく値段を考えると十分なクオリティで、これならまた来てもいいなと思った。
今度は一番上のランクのコースで。

ほんともう大満足。雰囲気最高、料理も最高、接客も最高。

iPhone撮影はここまで。


料理を食べ終わったら各々自由に船内を見て周ったりデッキに出て福岡の夜景を楽しむ。


P3092620
ロケ地:博多湾     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/5     ISO感度:200     露出補正:-0.3     焦点距離:45mm


夜景は基本的に三脚を立ててスローシャッターで撮るのだけれども、ここは船。
デッキに三脚立てても足元からゆらゆらしとるっちゅう。

なので明るい単焦点レンズを絞り開放にして撮影した。

が、今思えばISOをあげて少し絞って撮ればよかった。
開放絞りは描写が甘くなる。

シャッター速度も1/5程度ではやはり手ブレが起こって、かなりの枚数撮ったのだがほとんどが
ボツとなった。

写真は能古島、マリノア辺り。


P3092636
ロケ地:博多湾     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/15     ISO感度:1600     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

福岡タワーを含む福岡の街。

ISOを1600まであげたがそれでもシャッター速度は1/15とあがらない。
僕のカメラではこれ以上ISOをあげるのが不安だったが全然そんな心配することはなかった。

後日もっと高いISOで撮ったがノイズなどほとんど問題なかった。


P3092638
ロケ地:博多湾     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/100     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

下の階を照らす間接照明をデッキの吹き抜けから撮影。
ホワイトバランスを暖色系にしてアートフィルターのファンタジックフォーカスで幻想的に。


P3092645
ロケ地:博多湾     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/25     ISO感度:1600     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

再び福岡タワー。

この写真のように光源にクロスを出すには普通、クロスフィルターというフィルターをレンズに
つけるのだが、僕は持っていないのでオリンパスの画像編集ソフトで加味した。

他の写真も含めてこの写真ももって明るさを抑えて撮ってもよかったな。。。ノイズが。。。

P3092652
ロケ地:博多湾     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F1.8     シャッター速度:1/20     ISO感度:1600     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

我が愛するホークスの本拠地。名称がヤフオクドームに変わりましたね。

P3092695
ロケ地:博多湾     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F2.2     シャッター速度:1/15     ISO感度:1600     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm

僕の苦手な苦手な荒津大橋。都市高なのだがここを走行する時は寿命が縮む。
この下を大型貨物船が通るため高く作ってあるのだけれど僕はこういうのが苦手だ。

怖い。

強風で倒壊、ワイヤーが切れて、他の車にぶつかられて、とか色々考えると腰がつりそうになる。

ところでクルージングのコースは、ベイサイドプレイス博多を出て西へ。
福岡の街をゆっくり眺めながら能古島、マリノア辺りまで行く。

湾内クルーズと案内してあったから博多辺りをウロウロするのかと思っていたが結構遠くまで。

折り返した後はまたゆっくりと航行して博多に戻るとちょっと辺りを周って普段見ぬ、色んな角度
から福岡の街の夜景を見せてくれた。

そしてベイサイドプレイス博多へおかえりなさい。

P3092708
ロケ地:ベイサイドプレイス博多     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F11     シャッター速度:2"     ISO感度:200     露出補正:-1     焦点距離:45mm

出発時にはトワイライトタイムだったのがもうすっかり夜。

夜のクルーズも撮っておこうとレンズを向けた。
アートフィルターのドラマチックトーンをかけたがちょっとコントラストが強すぎたか。

クルーズを終えてベイサイドプレイス博多を出たあと、せっかく夜に福岡にいるんだし、という
ことで油山へ向かった。時間もたっぷりあるし。

この油山は福岡の街が一望できるためデートスポットとして夜景が有名だ。

P3092721
ロケ地:油山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F10     シャッター速度:10"     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:53mm


こちらもドラマチックトーンをかけたが正直汚い。

P3092723
ロケ地:油山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F11     シャッター速度:10"     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

今度はクロスプロセスをかけたが、なにやら物々しい雰囲気になった。
でもこの写真、個人的に好きだ。厨二心をそそられる。

かっこいい。。。

P3092735
ロケ地:油山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F4.3     シャッター速度:3.2"     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:23mm

先程デートスポットと書いたが、土曜日ということもあってこの日もたくさんの人出だった。
なので夜景全体をクリーンにカメラに収めることはできない。

いっそのこと。。。

ということでちょうどよくカップルがいたのでその2人をシルエットにして作品とした。
光源にクロスを出して更にロマンチックに。

P3092738
ロケ地:油山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F3.5     シャッター速度:3.2"     ISO感度:320     露出補正:+/-0     焦点距離:14mm

同じ被写体を今度は魚眼コンバータレンズを装着して撮影。
とても広角に映るのでちょっとしたパノラマだ。素敵な夜を表現できた。


P3092749
ロケ地:油山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F5.6     シャッター速度:3.2"     ISO感度:250     露出補正:+/-0     焦点距離:42mm

失敗作だ。
ドラマチックトーンはやはり被写体を選んだほうがいい。

この日は客人、、、というより遠距離恋愛中の恋人を空港へ迎えに行き、天神でコンタクトレンズ
を買い、ヤフオクドームでホークスのオープン戦を観戦し、再び戻って博多でクルージング、そして
油山で夜景を見て、帰る途中に一蘭に寄ってラーメンを食べるというかなりハードなアクションをし
たためもうすっかりくたびれてしまった。
(一蘭大好物です。ファンクラブ会員になるほど)

確か家に着いたのが午前1時前。僕の歳にはちと堪えたがとても素敵ないい1日が過ごせた。


最後に、このブログには掲載できないフォトコン応募作品のURLを貼る。
気に入った作品があれば投票してください。多分投票は会員のみ可能ですが。。。

http://fotopus.com/index.html/module/PhcLibrary/action/ImageDetail/cont_cd/1283018


http://fotopus.com/index.html/module/PhcLibrary/action/ImageDetail/cont_cd/1283016


http://fotopus.com/index.html/module/PhcLibrary/action/ImageDetail/cont_cd/1283013


http://fotopus.com/index.html/module/PhcLibrary/action/ImageDetail/cont_cd/1283015


http://fotopus.com/index.html/module/PhcLibrary/action/ImageDetail/cont_cd/1283017

※なお、フォトコンテストが終了次第リンク切れとなる可能性あり


行ってきたよ!!

って嬉々として言うことでもないんだけどね。近所だし。


でもこの鏡山、ここからの景色は最高。もう絶景。
日本三大松原の1つ、虹ノ松原が望める。

僕は県外や唐津をよく知らない客人が来た場合に必ずここへ案内します。

虹ノ松原は日本の白砂青松100選、日本の渚100選、かおり風景100選、日本の道100選にも
選ばれているとか。

かおり風景100選ってなんぞや、と思ってググったらそのままだった。
かおり風景100選(Wikipedia)


ちなみに天橋立は日本三大松原から除外されちゃったらしいですね。
撮影の最中、東北からの観光客が40人くらい押し寄せてきて、そのガイドさんがそう言ってた。
環境の変化で色々問題が起きてるとか。。。

虹ノ松原でもマツクイムシの被害があるみたいだけど。


鏡山へは車で登れるが登山道もあり、そちらも人気のようだ。
僕も何度か登ったことあるがとてもしんどいのであまりお勧めはしない。

車道はドリフトができるくらいには広いので運転も楽しいですよ。
※公道での危険運転はやめましょう。

鏡山はこの辺りの走り屋の聖地的コースで、僕らが10代の頃ぐらいまでかなりの台数が
走ってましたが最近はあまりいないようです。

その走り屋対策で道路を波打たせてあり、またキャッツアイが埋め込まれ、車の乗り心地は
よくない。それから週末の夜は地元車とタクシー以外は立ち入り禁止となってます。
あまり守ってる人はいないけど。

夜景もきれいだし。

夜景といえば近いうちここに夜景を撮りにきたいのだが、何せ夜の集客は目論んでいないようで
車道と駐車場以外は外灯もなくお店もないので、暗くてとても1人で行く勇気はない。

ま、そのうちに。。。


さて、駐車場に車を停めて展望台へ散歩道を歩く。

P2252331



しばらく歩くと案内マップが掲示されている。

P2252330


その近くに周辺のマップもあった。

P2252332

散歩道には所々案内の道しるべがあるので迷うことはないと思う。

P2252333


展望台が見えてきた。

P2252334

右奥にあるのが展望台。

展望台に行く前に左のほうにちょっと寄り道。

P2252336

鏡山の南側にある内陸部が一望できるのだが、ここ、景色に見とれながらぼんやり歩いて
いくと危ない。この先がどうなってるか気になるでしょう。

P2252337
写真じゃわかりづらいかなあ。

崖ではなく急斜面だが傾斜が半端ないので崖とあんま変わらん。

P2252339

横から写すとこんな感じ。

ここだけどうしてこうなってるの?何するところなの?という疑問が沸きそうだが、ここは
パラグライダーの離陸場所になっているのだ。

天気がよかったので飛んでる人がいることを期待したのだがこの日はいなかった。

少し手前にパラシュートを広げて置いて、風を読んで見極めたらダッシュして急斜面を
駆け下りていく。

そして上昇気流を利用して大空へ飛び立っていく。

離陸の瞬間がかなりギリギリ。崖の部分に到達する寸前で飛び立つので見ていても怖い。
飛び立てずに下に落っこちちゃう人がいるんじゃないかって。

もし来た時に飛んでる人がいたらじっくり見てみてください。面白いですよ。

さて、いよいよ展望台へ。

P2252338

そういえば今日は撮影設定の情報を記載していないが、これは面倒臭いからというわけでなく
作品としての写真ではないからだ。

スロープを登って展望台へと行く。

スロープを登らずに左に写っているところでも景色を楽しめるが、すぐ目の前の木々に視界を
阻まれることが多いので面倒臭がらずに是非展望台へ。

P2252345

P2252346

決してもったいぶっているわけじゃなく、先に周りの施設あたりを紹介しておこうと。。。

これは展望台の室内だ。

実を言うと10年くらい前、僕とその頃一緒に音楽活動をしていた友人の2人で大晦日の夜に
ここでこじんまりとしたライブをしたことがある。

蛍光灯はあるが当時は切れていて着かなかったため、ロウソクを買ってきて大量にたてた。
これが功を奏しとても幻想的な雰囲気になった。いい思い出だ。

普段の夜はまったくひと気がないが、さすがに大晦日の夜ということもあってたくさんの人が
いて、おかげでライブも成功と言える程度には盛り上がった。

この中は声も響いて気持ちいい。


さて、いよいよ展望台からの景色だ。

P2252359
ロケ地:鏡山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F10     シャッター速度:1/500     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:14mm


P2252343
ロケ地:鏡山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F9     シャッター速度:1/500     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:14mm

P2252362
ロケ地:鏡山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F11     シャッター速度:1/400     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:24mm

唐津城がある西側から福岡方面の東側へパンを振りながら撮影した。

この日はとにかく真っ青な晴天で、海も空もブルーブルーブルー。
その青を意識して写真を撮った。

どこを見ても素晴らしい景色だが、特に見てもらいたいのは唐津城周り(西側)の地形だ。

川と海とに挟まれて突き出た小高い丘の上にお城があるのだが、戦になったことなどを
考えるとやはりこういう地形は地の利があっただろうなと思う。

広角の画じゃわからないと思って望遠でも撮った。

P2252364
ロケ地:鏡山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F10     シャッター速度:1/640     ISO感度:200     露出補正:-0.7     焦点距離:120mm


唐津城とその付近の夜景

こちらの記事にも書いたがこのお城周りは本当に大好きだ。朝も昼も夜も景観がとてもいい。

写真の左に下に写っている川は、岸に沿って外灯があり、夜になるとそれが幻想的な印象を
もたらす。ぼーっとするもよし、デートでドライブするもよし。

望遠ついでに福岡側も撮った。

P2252365
ロケ地:鏡山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F10     シャッター速度:1/640     ISO感度:200     露出補正:-0.7     焦点距離:120mm

写ってるのは串崎だろうか。

唐津城の望遠もそうだが、どうしてもマゼンダが出てしまう。撮影やレタッチでどうにかなる
のかわからないが、僕の腕不足かも知れない。

せっかく高いところにいるのだから、ということでアートフィルターのジオラマでも撮影してみた。

P2252367
ロケ地:鏡山     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F10     シャッター速度:1/320     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:42mm

田舎御用達のイオンである。

このアートフィルターのジオラマを使って動画も撮影したのだが、ブログに動画を貼りたい場合は
どうしたらいいのだろう。。。YouTubeかニコ動に上げてから貼るしかないのでしょうか。。。


カメラについてる機能でパノラマ撮影もやってみたのだが…

鏡山パノラマ

ちょっと縦位置がズレてしまった。
撮影したパノラマ用写真を繋ぎ合わせるのはOlympus Viewer 2というソフトなのだが、
自動しかなく、マニュアルで調整しながらの繋ぎ合わせができない。残念だ。

撮影時に慎重に縦横合わせるしかなさそうだ。


展望台と駐車場を結ぶ散歩道だが、実は2パターンある。
駐車場横のトイレの前を通って森の中を歩くパターンとつつじ園と佐用姫橋を通るパターン。

帰りはつつじ園のほうを撮影しながら帰ることにした。


P2252370

確か登山道の方を登ってくるとこの広場辺りに出た記憶がある。
春先なんかは適当にシートを敷いてお弁当を食べると気持ちいい。

P2252371

ここがつつじ園。もちろん今の時期はまだ咲いてないが4、5月辺りになると結構な景色に
なるだろう。撮影が楽しみだ。

P2252374

佐用姫橋。ここを渡ると駐車場だ。


P2252377

すんげーボディバランスの松見っけた。ブンデスもプレミアもいけんじゃね?

P2252379

佐用姫橋から見るつつじ園。


この鏡山、車道の山入口に大きな鳥居がある。

P2252385

このことからもわかるように頂上には神社がある。鏡山神社だ。
なかなかきれいな造りになっているのでスナップを撮った。

P2252380

駐車場から。


P2252381

P2252382

P2252383

両脇にいるのは狛犬ではなく、狐。つまりここは稲荷神社となる。


唐津には他にも、前に記事を書いた波戸岬や七ツ釜などたくさん名勝があるので是非、
お越しください。佐賀牛や玄界灘の魚介類、果物、おいしいものもたくさんありますよ。

波戸岬からの夕景
(記事に波戸岬自体の写真はなし)

 

クルーズを主題としたフォトコンがオリンパスのコミュニティサイトFotoPusで開催されている
のを発見したので早速クルーズがいる港を検索した。

が、近くになかったワロス。

それで博多ならクルーズいるだろうってことで博多に向かった。

余談だがその博多の港、ベイサイドプレイス博多のサイトを見ていて急遽、
ディナークルージングの予約を入れた。

3月に来客があるのでクルーズでディナーを楽しもうと。

話は戻って、木曜日にベイサイドプレイス博多に行った。

が、クルーズいなかったワロス。


確認不足だった。
そこから出ているクルーズはランチとトワイライトとディナーしかなかった。

つまり一日3便だ。
冬の時期はトワイライトはないようで今は一日2便。

僕が到着したのが13時半頃だったのでランチクルージングはもう終わっているし、
ディナークルージングは5時間半後。

他の港に行けばどこかしらあっただろうがもうその場で調べる根性も行く体力もなかった。

ってことでブラブラと観光した。

まず博多ポートタワーに登った。
ここから街の景色を撮影しようと思ったが、窓が網入りガラスだったのと他の観光客で
いっぱいだったので撮影を諦めた。天気もあまりよくなかった。

観光客と言えばここは韓国かってぐらい韓国人だらけだった。
だから何って、うん、、、ね!

いや、ほんとすごかった。
僕とスタッフ以外みんな韓国人?ってぐらい。

むしろスタッフも韓国人らしき店もあったが。


クルーズも景色も撮れず、フェリーでも撮るか!ってフェリーが停泊している船着場に
行ったらその途中でブーンて行っちゃったワロス。

むしゃくしゃして博多ポートタワーを撮った。後悔はしていない。

P2212307
ロケ地:ベイサイドプレイス博多     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F10     シャッター速度:1/640     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:15mm


レタッチのやる気すらなくほぼ撮ったまま。暗い。。。

僕が車を停めた駐車場がタワーのほぼ真下だった。
ちょうど上の写真でいうタワーの左の足の下辺り。

その駐車場から写真を撮った。

P2212310
ロケ地:ベイサイドプレイス博多     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F9     シャッター速度:1/400     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:17mm

魚眼コンバータレンズを装着したのでタワーも大胆に大開脚。

ウォーターカラーで現像。はじめてウォーターカラーできれいに現像できたかも知れない。
タワーの赤や空の青、雲がいい感じに水彩画チック。

写真を撮り終わってふと自分の車を見ると。。。




ちょ、糞まみれじゃないですかーーーーーーー!!!??!??!





誰のってそりゃ鳥の。


え?下痢?昨夜何食ったの?どんだけ溜めてた?


そうだよね、タワーの下に停めたらこうなるよね。


それから何したかって海鮮丼食べて帰った。
はるばる博多にきてタワーちょろっと撮って帰るハメになるとは。
しかもお土産は鳥さんのう◯ち。


その夜、毎週木曜に行っているバレーボールの練習の帰り、ふと空を見上げると。。。

P2212318
ロケ地:唐津市某所     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F4     シャッター速度:5"     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:17mm

見える?見えるかな?

お月様に輪っか!月暈ができてた。
月に薄っすらと雲がかかったりその他色んな条件で出現するらしいが、肉眼ではっきり
わかるきれいな月暈だった。

急いでカメラだして三脚立てて5秒のシャッター速度で撮影した。


色々試してもっときれいに撮れればよかったのだが疲れとお風呂が溜まり終わったので
あまりゆっくりできなかった。


PCに移してアートフィルターのドラマチックトーンで現像してみたけど。。。

P2212314
ロケ地:唐津市某所     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F4     シャッター速度:4"     ISO感度:250     露出補正:+/-0     焦点距離:17mm

月暈はくっきり確認できるけど全然美しい写真じゃないね。ノイズもひどい。


P2212313
ロケ地:唐津市某所     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F6.3     シャッター速度:15"     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:16mm

次にホワイトバランスを白色蛍光灯に変えて現像。こちらはきれいに仕上がった。

が、レンズに埃がついていた。。。
ポツポツと白い点が写っているのが埃。

カメラやレンズのメンテナンスはこまめにやっているのだが、慌てて撮るとこういうことになる。


話はまったく変わるのだが、月を撮った翌日に前々から気になっていたおもしろいものを
撮ってきた。


『犬に見える木の葉』
P2222322
ロケ地:唐津市某所     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F4.1     シャッター速度:1/60     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:22mm

「に見える」というかそう見えるように加工してあるものだ。

ここのお宅の人に伺った話だと、お孫さんに余計な葉を切るようにお願いしておいたところ、
次の日、こうなっていたとのこと。

おもしろいお孫さんだこと。

写真はアートフィルターのトイフォトで現像。


『猪に見える木』
P2222326
ロケ地:唐津市某所     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/80     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:41mm

こちらも加工してある。
加工したご本人に話を伺ったところ、猪に見える木があったのでそれらしく皮を削った
とのこと。

つまりほぼ元からこういう形だったらしい。

こちらもトイフォトで加工。


『顔に見える建屋』
P2222329
ロケ地:唐津市某所     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F7.1     シャッター速度:1/320     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm


何泣いてんだよ、元気だせよ。
って言いたくなるような顔。かわいい。。。

これもトイフォトで加工した。


日頃暮らしている街でもよく見るとこういう面白いものってたくさんある。
カメラを構えるようになってからそういうものに目がいくようになった。

花や空や物、何にでも。

花と言えば、花の名前や植物の名前、いつも見ているのに名前を知らない。
そういうことに気付かされた。

すぐ近くなのに行ったことがないところや通ったことのない道もたくさんある。知らないことも。

写真を撮って楽しい、ただそれだけじゃなくて、確実に自分にとって何らかの力になっている。
そんな気がする。

写真を撮り始めて、知識も感性も色んな物を自分に足していけていると思う。









お金は減っていくけど。

このページのトップヘ