気のまま旅行/気まぐれ写真

ミラーレス一眼で撮影した写真や旅行、ロケ地のことを。
鷹ファンなのでその辺りや趣味のカクテルの話、映画や音楽のこと
その他色んなジャンルのことを色々と。。。

タグ:からつ競艇場


これまでのボートレースの撮影は40-150mmのレンズを使用していたのだけれど、もっと長い
玉がどうしても欲しくなって75-300mmを購入した。

これ
OLYMPUS│M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 Ⅱ

もちろんボートレース撮影がメインの用途。野鳥や動物を撮ってもいいなーって。

それで40-150mmは手放したんだけど、ちょっと後悔。この焦点域のズームレンズがないと
時々困るシーンに遭遇する。

今年中にオリンパスからPROレンズシリーズの40-150mmF2.8が出るらしいからそれを
買おうと画策はしているけど、価格が心配だ。
(ところでこの”PRO”って名称はどうなんだろう)


さて、レンズが届いて早速ボートレースを撮りに行った。

価格的にも外装的にも描写も位置づけとしてもそんなにいいレンズではないのだけれど、
35mm換算で150-600mmのズームなのでやはり便利は便利だ。

超望遠といえば2015年内には300mmF4のPROレンズが発売されるらしい。
他にもF2.8通しの超広角もPROレンズシリーズで出るようだが、どちらも買えるかどうか…


話を戻してこの75-300mm、超望遠でありながら余裕で手持ち撮影できる。軽い!
ま、外装プラスチックだし。

なので1マーク付近にいても手持ちでぶんぶん振り回して2マークのターンも撮れる。

P4010119

ちなみにボートレースは1レースが3周1800m。1周600mなので1マークから2マークまでの
距離は単純計算で300mということになる。


前回の記事でも書いたけどE-M1にカメラを替えてからは流し撮りがとてもやりやすくなった。

関連記事:Guess who ?


P4010363

ホームストレッチを航行する濱村芳宏選手を流し撮り。シャッタースピードは1/20秒。



P4010481

とはいえドンピシャで当てるのはやはり難しい。。


P4010585

黄色の5号艇が跳ねてプロペラまで水面上に出てしまっている。当然このあと失速。

前にも書いたかも知れないけど僕が撮影に行っているからつ競艇場は客席側から水面側を
見ると午前中は逆光になる。なのでこういう風に背景を落とした写真になって水しぶきが映える。


P4010684

3号艇が水の羽衣をまとっているように見える。写真で止めてみるとすごいしぶきだなと改めて
思う。こんな視界の中を疾走しながらボートで混み合うターンマークを回ってるんだと驚く。


P4010734

テレ端300mmで豪快な水しぶきを切り取った。


P4010839

2マークの接戦。


P4010962

かわいいヘルメットの選手がいたので慌てて撮ったら露出オーバー。


P4011116

ターンしながら相手と目線の火花を散らす。


P4011126

ウィリー。かっこいいけどこうなると失速。


ターンの撮影はだいたい連写で撮るのだけれどこの日は面白いものが撮れた。
というより危ないシーンだ。

7連写の連続写真。

P4011269
P4011270
P4011271
P4011272
P4011273
P4011274
P4011275

よく転覆しなかったものだ。


ダイナミックで豪快なターンや緻密なターンもボートレースの面白みだとは思うが、こういった
危険なシーンもボートレースの醍醐味だと思っている。


まさに水上の格闘技だ。



ということで今回は競艇の写真。

オリンパスのコミュニティサイトFotoPusでもその他の写真ブログなどでも、そういえば今までに
競艇の写真が撮ってあるのを見たことないなーと思ったのが始まり。

モータースポーツ含め、野球でもサッカーでも陸上でもスポーツ写真はどれも躍動感あり感動あ
り素晴らしいけれども、競艇こそあの水しぶき!絶対きれいだろ!!ってことで競艇場の撮影許
可はどうなってるのかと色んなサイトで調べてみた。

その結果、場によって対応が様々なので行きたい競艇場に直接問い合わせたほうがいいという
ことがわかった。

どう様々なのかというと、
1.撮影禁止だよ
2.許可申請して通ればいいよ
3.立ち会い必須ならいいよ
4.勝手に撮れば?

では我が行きつけのからつ競艇場はどうなのだろう?と電話してみたところ2の許可制にての
撮影可だった。

但し、屋内禁止野外のみ。お客さんにカメラを向けない。むしろ水面にしかカメラ向けちゃダメ。
お客さんの邪魔にならないところで。一般客が入れないところは当然立ち入り禁止。ストロボ使
用禁止という条件付きだ。まあ当然の条件内容だ。

公営といえどギャンブルはギャンブル。撮られたくないお客さんが大半だろう。
特に平日、営業周り中や会社を休んだ勤め人なんかは撮られると困るだろうし。

フラッシュで選手の視界を奪ってしまうことも絶対に避けなければならない。

そんなこんなで許可を得て、その翌日に早速行ってきた。

電話で告げられた通り、まずは受付へ向かい撮影許可申請の書類を確認、署名して腕章を
受け取る。

腕章がマジックテープ仕様じゃなく安全ピンで留めるタイプだったのには困ったがコートを着て
腕を通せばなんとかずり落ちなかったので助かった。

ちなみに受付のお姉さんに「昨日電話した撮影の者ですが」と言ったらそのことを知らなかった
ので話が通ってないようだ。
つまりわざわざ電話しなくても直接競艇場に行って許可申請書類を書けば撮影ができるという
ことだ。許可と言えるのかこれは、なんて小さいことは気にしない。

上に書いた条件を守ることが必須だが、三脚の使用もブログ掲載もおkとのことだった。

さて、まずはスタート地点に行って撮影。考えてみれば僕は動く被写体を撮るのは初めてだ。


まずはシャッター速度を速めてパシャリ。

P3172826
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
絞り値:F4.5     シャッター速度:1/4000     ISO感度:640     露出補正:+/-0     焦点距離:45mm


この日は雲が低く出ていて太陽が見え隠れしていた。なので露出を適正に保つのが難しく、
シャッター速度の調整にかなり手間取らされた。

撮影モードをシャッター速度優先にしてISOを上げたり下げたり。。。

速いシャッターで写真を撮るのは比較的簡単だった。

P3172901
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F22     シャッター速度:1/30     ISO感度:200     露出補正:-2     焦点距離:53mm


こちらはシャッター速度を落としてボートをブレさせた。
シャッターボタンを押すタイミングが難しかった。ちょっと切るの早かったかな。

ボートのスピード感は表現できたと思う。


P3172970
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F22     シャッター速度:1/30     ISO感度:200     露出補正:-1.3     焦点距離:53mm

こちらも遅いシャッターでの撮影。

ブレた目の前のボートと止まったバックスクリーンのボート。
ほぼ水平位置から撮った目の前のボートと俯瞰で映されたバックスクリーンのボート。


P3172927
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F22     シャッター速度:1/100     ISO感度:200     露出補正:-1     焦点距離:66mm

流し撮りに挑戦。

が、まったくうまくいかず。何度も何度も挑戦したけれどまともに見れるのはこの1枚だけだった。
とても難しい。。。

ましてやスタートの撮影は失敗すると次のスタートまで時間を待たなければならないのがつらい。


P3172903
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/500     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

水しぶきをぴたりと止めてシャープに写すために少し絞ってシャッター速度を速く。
この写真ではもうちょっと絞ったほうがよかったしシャッター速度ももっと速めるべきだった。

このシャッター速度でも写真をよく見るとブレてることがわかる。
つまりそれだけのスピードでボートが走っているということだ。

選手の体重移動、ボートをキックして向きを変える、足の踏ん張り、スピード感などが伝わる写
真にはなったんじゃないかと思う。

他の写真も同じF値で撮っている。
どれもアンシャープマスクを施してシャープ感を補った。


P3172913
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/2000     ISO感度:800     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

1号艇のターンの真っ最中の写真。ボートが跳ねた瞬間を捉えた写真だ。

高速で横っ飛びしながらボートに立ち上がり体重移動やキック、スロットル(車でいうアクセル)
の調整でターンしていく。凄まじい技だ。


P3172904
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/800     ISO感度:200     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

こちらは美しい水しぶきを捉えた写真。

青の4号艇が先マイし、緑の6号艇が差しに構える。遅れて黄色の5号艇がターン。


P3172916
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/2500     ISO感度:800     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

赤の3号艇がウィリーした瞬間。ウィリーというより跳ねたんだが。。。

走っているところを観てもすごいがこうして一瞬を切り抜いてみてもボートレースの豪快さ、
バランス感覚、躍動感を更に感じられる。写真ならでは表現だ。


P3173023
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/4000     ISO感度:1250     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

こちらもボートが跳ねた瞬間。2号艇だ。奥の4号艇も少し浮き気味にターン。
素人だとあっという間に落水か転覆するような状態。

僕なんか止まっているカヌーに立ち上がるのすら生まれたての子鹿のような足つきだったのに。


P3173091
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/3200     ISO感度:2500     露出補正:+/-0     焦点距離:120mm

この日のベストショットだと思う。混戦する1マーク。

派手にあがる水しぶき。跳ね上がりを押さえつけながらターンする3号艇。波にぶつかりジャン
プしてしまう5号艇。そこに突っ込んでくる黒の2号艇。その2号艇に対して差しに構える6号艇。

是非原寸で見てほしい写真だ。


ここからは連続写真を撮った。1枚ずつ貼ってもよかったのだがわかりやすいように1つの画像
にまとめた。

拡大して見てください。

写真の順番は、
1 2
3 4
5 6
7 ・・・という順番。


まとめ1
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/3200     ISO感度:1250     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

突っ込んくる赤・3号艇を緑・6号艇がギリギリでかわす様子がかっこいい。
競艇では日常茶飯事。


まとめ2
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/1600     ISO感度:1600     露出補正:+/-0     焦点距離:116mm

1枚目から3枚目までの、選手(特に1号艇)がキックでボートの向きを変える様子がかっこいい。


まとめ3
ロケ地:からつ競艇場     カメラ:E-PM1     レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
絞り値:F5.6     シャッター速度:1/4000     ISO感度:2500     露出補正:+/-0     焦点距離:150mm

青・4号艇と黄・5号艇の接戦、その2艇が上げた水しぶきに突っ込んでくる黒・2号艇。
舟が一瞬見えなくなるほど(2枚目)の激しい水しぶきがかっこいい。


本当は水面のキラキラや水しぶきが反射する様も撮りたかったのだが、上にも書いた通り
あいにくこの日は太陽が出たり隠れたり。

今度は晴天の日に競艇場に行ってまた写真を撮りたいと思う。

流し撮りもまたチャレンジしたい。


このページのトップヘ